• タバコを持っている様子
  • タバコを吸う男性
  • 禁煙表示と灰皿
公開履歴
灰皿

禁煙に挫折しないためにどういう対応策を考えていけば良いでしょうか。
チャンピックスやニコレットのような医薬品を使用するという手もありますが、まずタバコをやめてから2ヶ月程度経過したあたりでよくあるのが、1本くらいなら吸っても平気なのではないかという気持ちが芽生えてくるということです。
しかしここで1本吸ってしまう人はそれだけでは我慢できずにまた吸い始めてしまう場合が多いようです。
このため1本に手を出して挫折しないように注意してください。
それ以外にも急に前触れもなく吸いたくなることがよくあるものと思われます。
そういう気持ちを抑えるには気持ちのコントロールが必要となりますが、ニコレットのようなニコチンを含んでいるガムなど使ってタバコを吸わないようにコントロールしてみましょう。
今までの行動パターンを変えてみることが必要だと思います。
例えば、これまで朝起きてから顔を洗って着替えをして朝食を取っていたとしたら洗顔と着替えの順番を逆にしてみるとか、朝食を取ってから着替えて洗顔をしてみるなど何パターンか作って試してみると良いでしょう。
それ以外にもコーヒーやアルコールの量を減らしてみるとか、寝る時間を変えてみる等、毎日の行動サイクルを少しずつ変化させるように意識してみてください。
このように行動サイクルを変えていくのも挫折に対して抑止効果を発揮します。
次に環境面を改善します。
まず、タバコやライター等の喫煙に関するものを処分します。
次にタバコを吸っている人になるべく近づかないようにしてください。
例えば、パチンコ屋や居酒屋等はしばらく行かないようにしてください。
またタバコが買えるような場所を極力避けてください。
そしてできれば周りの人に今禁煙していることを公表するようにしてください。
マスクを付けるのも有効です。
それでも吸いたいという気持ちが込み上げてきたらタバコを吸う代わりに深呼吸してみたり、水を飲んだり、体操をしたり、掃除をする等行動を置き換えてみてください。
それでもダメな場合はニコチンは摂取してしまいますがニコレットガムを噛むなどして対処しましょう。
こういう置き換えも禁煙が長続きするためのコツとなります。